スキーレーサーフォトサービス


フォトサービスって?


2007 大会一覧


2006 大会一覧


2005 大会一覧


フォト検索


買い物かご


利用方法

お問い合わせ


ホーム


社会人・ビジネス向け英会話・英語塾アブソリューション(新宿校)

ゴルフ大会写真販売サイト「Golfoto.net」



縁起堂本舗/開運・健康・身体安全・お守り・ストラップ


SOLOALEI(ソロアレイ) 麻布十番Mロマン委託販売開始! 日常使うカジュアルなものからパーティ用のゴージャスなデザインまで 多彩なデザインを提供しています。既製品に飽きた女性たちへ…愛される作品つくりを目指します


無料画像中継サービス「famicam」
デイサービス開設
税務を頼むなら横浜若手税理
URLの短縮ならURX.NU
麻布魚治鮨
ことはじめ
歳時記
観覧車
サイトマップ プライバシー

   

日本勢は全滅。アンドレ・ミューラーが初優勝。男子W杯SL 男子スラローム第2戦ビーバークリーク

大会名:男子スラローム第2戦ビーバークリーク 開催地:ビーバークリーク(USA)
日程:2006年12月03日 種目:スラローム

 男子スラローム第3戦がビーバークリークで行われ、スウェーデンのアンドレ・ミューラーが初優勝を遂げた。2位にはミハエル・ヤニク(CAN)、3位にはフィレックス・ノイロイター(GER)と若手の選手が続いた。
 日本からは佐々木明(チームTCS)、皆川賢太郎(アルビレックス新潟)、湯浅直樹(アルペン)の3人が出場したが、いずれも途中棄権や旗門不通過で2本目に進めなかった。

 レースは大荒れだった。1本目で昨年のチャンピオンのジョルジョ・ロッカ(ITA)やベンジャミン・ライヒ(AUT)がコースアウト。日本が誇るツインタワーもやはり1本目で消えてしまった。出走者70人中、33人が途中棄権という荒れ模様だった。

 そんな中、1本目トップに立ったのはアンドレ・ミラーで、2位にはテッド・レゲティ(USA)と続いた。

 2本目もレースは落ち着きを見せず、8人が途中棄権という荒れ模様。1本目トップのミラーが2本目もよく攻めて初優勝。2位には、1本目5位につけていたヤニクがジャンプアップした。

 スウェーデンは現在、非常に好調だ。今回はマルクス・ラルソンは途中棄権したが、ベストテンに若い2人がシード外から入る躍進を見せた。

 日本選手にとっては、終わってみればチャンスの多いレースであったが、3人とも全滅とは幸先の悪いスタートとなってしまった。




No. Bib. Name Nat 1st 2nd Total
1 9 MYHRER Andre SWE 52.59 56.01 1:48.60
2 16 JANYK Michael CAN 53.61 55.72 1:49.33
3 17 NEUREUTHER Felix GER 53.45 56.55 1:50.00
4 26 ALBRECHT Daniel SUI 54.25 56.12 1:50.37
5 35 BYGGMARK Jens SWE 54.16 56.49 1:50.65
5 4 GRANDI Thomas CAN 54.10 56.55 1:50.65
7 42 ANSELMET Alexandre FRA 55.23 55.47 1:50.70
7 19 PRANGER Manfred AUT 53.49 57.21 1:50.70
9 39 LAHDENPERAE Anton SWE 54.66 56.18 1:50.84
10 40 GINI Marc SUI 54.84 56.02 1:50.86
11 25 DEVILLE Cristian ITA 54.95 56.01 1:50.96
12 6 PALANDER Kalle FIN 53.90 57.10 1:51.00
13 34 GRANGE Jean-Baptiste FRA 54.78 56.25 1:51.03
14 8 MATT Mario AUT 54.08 56.99 1:51.07
15 24 ZURBRIGGEN Silvan SUI 54.09 57.08 1:51.17
16 28 OMMINGER Andreas AUT 54.64 56.71 1:51.35
17 15 SVINDAL Aksel Lund NOR 54.29 57.16 1:51.45
18 33 KARLSEN Truls Ove NOR 54.66 57.28 1:51.94
19 54 TREJBAL Filip CZE 54.82 57.44 1:52.26
20 43 STUTZ Paul CAN 55.18 57.26 1:52.44
21 46 VAJDIC Bernard SLO 54.69 57.84 1:52.53
22 29 COCHRAN Jimmy USA 55.23 58.06 1:53.29


関連記事

03月18日:ライヒ優勝も、総合はスヴィンダルが獲得! 男子SL
03月17日:スヴィンダル3連勝で遂にライヒを逆転。男子大回転
03月15日:スヴィンダル連勝、ライヒ2位でデッドヒート! 男子SG
03月14日:スヴィンダル優勝、総合トップのライヒを猛追。男子滑降
03月11日:ハンス・グルッガー今季初勝利。
03月10日:キュシュ3年ぶりの勝利で滑降種目別優勝決める
03月09日:ライヒ、スーパーコンビ勝利。今季5勝目で総合見えたか
03月04日:マット連勝、佐々木は7位で最終戦へ。男子SL
03月03日:ライヒ今季4勝目、種目別総合でもトップへ。男子GS
02月25日:マット今季SL初勝利、湯浅が初ポイントゲット。男子SL


この記事に対してのコメント
題名:
名前:
コメント:
スパム防止: 2016のオリンピックの開催候補地は? 東京 西京 南京 北京

※誹謗中傷、広告宣伝、その他、記事に関係のない書き込みはご遠慮ください。
※以上のような書き込みが認められた場合は、勝手ながら削除させていただきます。
※運営上、IPアドレスの確認を行っております。また、プロキシ経由での書き込みは行えません。


Powered By 映像と音楽のショッピングカート
NU-FACE SHOPPING SQUARE PHOTO&MUSIC v1.0

Copyright (C) 2005 SKI RACER PHOTO SERVICE All rights reserved.